Monday, April 17, 2017

アプリの使い方


目次
  • 1. アプリの特徴 [0:00]
  • 2. D to W [1:20]
  • 3. Got it [2:17]
  • 4. W to D [3:29]
  • 5. 次のsessionへ [3:51]
アプリの特徴

[0:00] この授業で使っているアプリでする勉強は、単語カードを使った勉強と基本的に同じです。 意味や単語が入るところが空白になっている例文を見て、単語を思い出そうとしたり、 逆に単語を見て、意味や使い方(例文)を思い出そうとたしりします。 一番重要な紙の単語カードとの違いは、効率よく覚えていけるように、それぞれのカードの復習のスケジュールがあって、スケジュールなどの管理はアプリに任せることができることです。 このスケジュールの特徴は復習するたびに、次の復習までの間隔が長くなることです。 そういうことで、この学習法は spaced repetition (間隔反復) と呼ばれています。 後日、この学習法についてもっと詳しく説明しますが、今日はまずアプリの使い方を教えたいと思います。

D to W

[1:20] 意味や単語が入るところが空白になっている例文を見て、単語を思い出そうとする勉強はアプリの中の「D to W」(Definition to Word)です。 逆方向の勉強は「W to D」(Word to Definition)です。 「D to W」から始めることがいいと思います。 定義や例文を見て「***」のところに入る単語を思い出そうとしてください。 カードの反対側を見たいときには「See answer」の横のリンクをタップしてください。 次のカードを見る方法は二つあります。 一つはメニューに戻ることです。 もう一つは左へスワイプすることです。

Got it

[2:17] 「***」に入る単語を正しく思い出せたとしましょう。 一度正解できた場合には「GOT IT」(「わかった」や「できた」という意味)のボタンをタップします。 このボタンをタップしたら下の「Cards left」が3から2に減りました。 メニューに戻ると、やはり、二枚のカードしか残っていません。 この調子で「D to W」のカードなくなるまで続けます。 なお、「GOT IT」と同じ画面にベンのボタンがありますが、使うことはありません。 アプリの他のところに単語などの修正ができるところがありますが、ここではできません。 ペンマークは不要ですので、消したいkですが、まだ消すことができません。 やがて、GoogleのAppSheetのバージョンアップでペンを非表示にできると思います。

W to D

[3:29] 「D to W」のカードが全部なくなったら、「W to D」の勉強に移ってください。 操作は先ほどの「D to W」と同じです。 「正解」というのは訳語を思い出せただけでなく、意味も使い方(例文の中の言い回し)を思い出せたときだけにしてください。

次のsessionへ

[3:51] さて、これでこのsession (一まとまりの勉強) ができました。 次のsessionに移るには「Session」の中で、「INCREASE」のボタンをタップしから「Sync」をタップてください。 アプリが次のsessionのカードを読み込んたら、勉強を続けられます。 基本的な操作方法は以上です。 今後は授業のある日だけでなく、一週間に数回このアプリを使って単語の勉強をして欲しいと思います。 なお、アプリで勉強するデータの入力管理などについては後日改めて説明します。

Friday, April 7, 2017

Installing My Spaced Repetition APP


日本語訳は英文の下にあります。

Contents
  • 1. Introduction [0:05]
  • 2. Preparation [0:05]
    • (a) You need a computer [0:05]
    • (b) Practice controlling the player [0:12]
    • (c) Open a second window [1:08]
    • (d) Find the text [2:09]
  • 3. Copy my AppSheet app [2:59]
    • (a) Sign up for AppSheet [3:20]
    • (b) Copy the app [4:10]
    • (c) Change some settings [5:20]
  • 4. Google sheets [6:32]
    • (a) Change the name of the sheet [6:32]
    • (b) Share with me [6:32]
  • 5. On your phone [6:32]
    • (a) Downloading on an iPhone [6:32]
    • (b) Downloading on an Android phone [6:50]
    • (c) Open the app [7:17]
  • 6. Congratulations! [7:56]
Introduction

[0:05] In this video, I’ll show you how to install my Spaced Repetition app. I will make other videos to explain what “spaced repetition” is, why it is effective, and how to use my app.

Preparation

[0:05] Installing this app is more complicated than installing typical apps. This is because my app runs inside a Google app called “AppSheet” and because the data (that is, the vocabulary, definitions, and example sentences, etc. that you will use the app to study) are stored in a separate Google spreadsheet. In other words, it is made up of three parts: the app that I made, the spreadsheet that holds the data, and the AppSheet app that you download and use on your phone. In this video, I’ll explain how to prepare each of these three parts.

[0:05] The first two steps, which are copying my app and preparing your Google spreadsheet, are much easier to do on a computer than on a smart phone. Also, I recommend that you use the Google Chrome browser to do the tasks described in this video. If you are using another browser, there is a possibility your browser will not behave in the way that I describe here so please switch to the Chrome browser now.

[0:12] Next, I would like you to practice controlling this video player. You can pause and restart the video by clicking on this play button. In order to follow the steps described in this video, you will need to pause the video frequently. If you have trouble understanding a step explained in the video, you may need to go back and watch that part again. To go back or go forward, move your cursor over the seek bar and then click when you see the time that you would like to go to. Now, try clicking on this full screen button. You can click on the full-screen button at any time. The video will temporarily cover your entire screen but everything will return to normal if you click the full-screen button one more time.

[1:08] The next step is to move this browser window to the left side of your screen and the open another window. You may need to click on the maximize button in order to resize your window. Adjust the size of the window so that it is just about as wide as the video player and put it on the left side of you screen. Now, look at the blog archive and find “Installing My Spaced Repetition App.” Right-click on this link and choose “Open link in new window.” Then, put the new window you have just opened (which should have the same content as the first window) on the right-hand side of your screen and resize it so that it fills the remaining space. You will use the window on the left to view this video and the window on the right to perform the steps.

[2:09] The next thing I would like you to do is to learn how to find the words you that you are hearing in this video in the second window. Scroll down in the right-hand window until you see text in paragraphs. Notice that there is a time marking at the beginning of each paragraph. Now, stop this video to find the time you need to look for. Use the time shown at the beginning of each paragraph to help you find the text that I am reading now. If you have found the text I am reading now, you should be able to see that the text “Kirk Masden’s AppSheet Profile.” Right-click on the link and choose “Open link in new tab.” Generally speaking, when a link will take you to a new site, I think it’s a good idea to open it in a new tab because that will make it easy for you to return to the original site if you need to.

Copy my AppSheet app

[2:59] Now, you should be able to see my Spaced Repetition app in the window on the right side of the screen. Click on “See it in action.” Now click on “Copy this app.” If you are using AppSheet for the first time, you need to sign up for the free service now. First, click on the Google icon. If you will use this app in a course I am teaching you need to sign in with your “kumagaku.ac.jp” address. If you are not taking a class of mine you can sign in with any Google address that you like. Click on “Allow.”

[4:10] Now, click on “Copy this app” again. If you already have an older version of this app, I recommend that you change the name to that you can tell the difference between the two. You do not need to change the app name, however, if you are downloading it for the first time. Click on “Skip.”

[5:20] Click on “Behavior.” Then click on “Offline & Sync.” Turn “Delayed sync” and “Automatic updates” on. Click on “SAVE CHANGES.” Next, click on “Info” and then copy the “Short name” of your app. Finally, click on “Data” and then one of the “BROWSE” links you see.

Google sheets

[6:32] The “BROWSE” link you just clicked on took you to the Google sheet that contains the data for your app. When you first begin using my Spaced Repetition app, this speadsheet contains data (words, definitions, sentences, etc.) that I have prepared for you. From now on, however, you can add, delete, or edit data on this spreadsheet as you see fit. I’ll explain how to do that in another video.

[6:32] In the upper left-hand corner of the window, you should be able to see the name “W to D.” I recommend that you change the name of your sheet so that it is the same as the name of your app. To do this, select “W to D” and then paste the name of your app that you copied a minute or so ago. If you are using this app in a class that I teach, you need to share the sheet with me. Click on the “Share” button, which you should see in the upper right-hand corner of the window. Then type “masden” at mark “kumagaku.ac.jp” and click on “Send.”

On your phone

[6:32] Now you are finally ready to download the “AppSheet” add begin using my “Spaced Repetition” app inside it to study vocabulary on your phone. On an iPhone, open the “App Store” app, search for “AppSheet” and then download the app. You won’t need to add photos to use my Spaced Repetition app so it doesn’t matter whether you select “OK” or “Don’t Allow” here.

[6:50] On an Android phone, tap on “Play Store,” search for “AppSheet,” and then download it. I tapped “ACCEPT” here. It might be OK to change the settings before you tap “ACCEPT” but I haven’t tried that so I’m not sure.

[7:11] The next steps are the same on iPhones and Android phones. Open the app and then sign in with the same Google e-mail address that your used when you signed up for AppSheet on the computer. Click “Allow.” If you are using AppSheet for the first time, you should see the app your have just copied in the “App Gallery.” Tap on the icon to begin using your app.

Congratulations!

[7:56] Congratulations! You have successfully installed the app. I’ll make another video as soon as I can to explain how to use the app to study and how to add more vocabulary.

------------------------------------------
目次
  • 1. はじめに [0:05]
  • 2. 準備 [0:05]
    • (a) パソコンが必要 [0:05]
    • (b) プレーヤーの操作方法を練習する [0:12]
    • (c) 二つ目のウィンドウを開く [1:08]
    • (d) テキストを見つける [2:09]
  • 3. 私のAppSheetアプリをコピーする [2:59]
    • (a) AppSheet登録を行う [3:20]
    • (b) アプリをコピーする [4:10]
    • (c) 設定を変える [5:20]
  • 4. Google スプレッドシート [6:32]
    • (a) シートの名前を変える [6:32]
    • (b) 私と共有する [6:32]
  • 5. スマホで [6:32]
    • (a) iPhoneでダウンロードする [6:32]
    • (b) Androidでダウンロードする [6:50]
    • (c) アプリを開く [7:17]
  • 6. おめでとう! [7:56]
はじめに

[0:05] この動画で私が作ったSpaced Repetitionというアプリのインストール方法を説明します。 「Spaced repetition」とは何か、どうして効果的か、そして私が作ったアプリをどう使うかを説明するための動画を別に作ります。

準備

[0:05] このアプリをインストールすることは通常のアプリをインストールことよりも複雑です。 なぜかといえば、私のアプリはGoogle社の「AppSheet」というアプリの中で動くもので、データ(単語や定義、例文など)はGoogle スプレッドシートの中で保管されるからです。 言い換えれば、三つの部分から構成されています。つまり、私が作ったアプリ、データを保管するスプレッドシート、そしてスマホで使うAppSheetというアプリです。 この動画でそれぞれの部分の準備方法を説明します。

[0:05] 最初の二つの手順、つまり私のアプリの複製とGoogleのスプレッドシートの準備は、スマホよりもパソコンで行う方がずっと楽です。 また、この動画で説明する作業を行うためにはGoogle Chromeのブラウザーを使うことをお勧めします。 他のブラウザーを使っているのであれば、ここで説明するように作動しない可能性がありますので、今からGoogle Chromeに切り替えてください。

[0:12] 次、このビデオ・フレーヤーの操作を練習してみてほしいと思います。 まず、この再生ボタンを押せば、動画を一時停止にしたり、再生を再開したりすることができます。 この動画で説明されている手順に従って作業を進めるためには、頻繁に動画を一時停止させる必要があります。 動画で説明されている手順がよく理解できない場合には、巻き戻して改めて見る必要が生じるかもしれません。 巻き戻し、または早送りをするには、カーソルをシークバーの上に動かして、希望の時間が見えたらクリックしてください。 次に、この全画面表示ボタンをクリックして見てください。 いつでもこの全画面表示ボタンをクリックすることができます。 動画は一時的に画面全体を覆うが、再び全画面表示ボタンをクリックすれば元に戻ります。

[1:08] 次のステップはブラウザーのこのウィンドウをスクリーンの左側に動かしてからもう一つのウィンドウを開くことです。 場合によってはウィンドウの大きさを変えるためには最大化ボタンを先に押す必要があるかもしれません。 ウィンドウの幅を動画のプレーヤーの幅に合わせてから、ウインドウをスクリンの左側においてください。 次にブログ・アーカイブを見て「Installing My Spaced Repetition App」を見つけてください。 右クリックしてから、「新しいウィンドウで開く」を選んでください。 次に、先ほど開いたウィンドウ(最初のウィンドウと同じ内容を表示しているはずだ)を右側において、残りのスクリーンを一杯にするように大きさを調整してください。 左側のウィンドウを動画再生に使い、右側のウィンドウを手順を行うために使います。

[2:09] 次、ビデオで聞こえている言葉を二つ目のウィンドウでの探し方を覚えてほしいと思います。 段落で表示されているテキストが見えるまで右側のウィンドウを下へスクロールしてみてください。 それそれの段落のはじめに時間を示す数字がありますね。 次に、動画を一時停止して、探したい時間を確認してください。 それぞれの段落のはじめに表示されている時間を参考に、今私が話しているテキストを見つけてください。 私が今話しているテキストが見えているのであれば、「Kirk Masden’s AppSheet Profile」という文字が見えるはずです。 リンクを右クリックして、「新しいタブで開く」を選んでください。 一般論として、新しいサイトに飛ぶリンクであれば、いざとなって容易に元のページに戻れるようにリンクを新しいタブで開くと良いだろうと思います。

私のAppSheetアプリをコピーする

[2:59] さて、スクリーンの右側にあるウインドウに、私が作ったSpace Repetitionというアプリが見えているはずです。 「See it in action」をクリックしてください。 次は「Copy this app」をクリックしてください。 AppSheetを初めて使っているのであれば、今から利用登録をしなければなりません。 まず、Googleのアイコンをクリックしてください。 私が担当する授業でこのアプリを使うのであれば、「kumagaku.ac.jp」のアドレスで登録を行う必要があります。 私が担当する授業を受けていなければ、どのGoogleアドレスを利用しても結構です。 「Allow」をクリック。

[4:10] さて、もう一度「Copy this app」をクリックしてください。 すでにこのアプリの古いバージョンを持っているのであれば、後で区別ができるように名前を変えると良いと思います。 しかし、初めてダウンロードする場合には、名前を変える必要がありません。 「Skip」をクリック。

[5:20] 「Behavior」をクリック。 次に「Offline & Sync」をクリック。 「Delayed sync」と「Automatic updates」を On にする。 「SAVE CHANGES」をクリック。 次に、「Info」をクリックしてからアプリの「Short name」をコピーしてください。 最後に、「Data」をクリックしてから複数見える「BROWSE」のリンクの一つをクリックしてください。

Google スプレッドシート

[6:32] 「BROWSE」のリンクをクリックすることによって、アプリのデータが入っているGoogleスプレッドシートに飛びました。 私のSpaced Repetitionのアプリを使い始めた段階では、私が準備してあげたデータ(単語、定義、例文など)が入っています。 しかし、これからは好きなようにこのスプレッドシートのデータの追加や削除、訂正などができます。 もう一つの動画でその方法を説明します。

[6:32] 左上の角に「W to D」の文字が見えるはずです。 シートを名前をアプリと同じ名前に変えることをお勧めします。 やり方としては、「W to D」を選択してから先ほどコピーしたアプリ名をペーストします。 私が担当する授業でアプリを使うのであれば、スプレッドシートを私と共有する必要があります。 ウィンドウの右上の角に見えているはずの「共有」をクリックしてください。 次に「masden」アットマーク「kumagaku.ac.jp」を入力してから「送信」をクリックしてください。

スマホで

[6:32] さて、これでいよいよ「AppSheet」のアプリをダウンロードして、その中で私の「Spaced Repetition」というアプリを使ってスマホで単語の勉強を始める準備が整いました。 iPhoneの場合は、「App Store」を開いて、「AppSheet」を検索して、ダウンロードしてください。 私のSpaced Repetitionの場合には写真を加える必要はありませんので、ここで「OK」でも「Don’t Allow」でもいいです。

[6:50] アンドロイドのスマホの場合には「Play Store」をタップして、「AppSheet」を検索して、ダウンロードしてください。 私はここで「ACCEPT」をタップしました。 「ACCEPT」をタップする前に設定を変えても良いかもしれませんが、私自身はまだそれを試していないのでよくわかりません。

[7:11] これからの手順はiPhoneもアンドロイドも一緒です。 アプリを起動して、AppSheet登録をした時に使ったメール・アドレスでログインしてください。 「Allow」をクリック。 初めてAppSheetを使っている場合には、先ほどコピーしたアプリが「App Gallery」に表示されているはずです。 アプリを使い始めるためにはアイコンをタップしてください。

おめでとう!

[7:56] おめでとうございます! アプリを無事インストールできました。 このアプリの使い方や単語を追加する方法を説明する動画をできるだけ早目に作りたいと考えています。

Thursday, December 15, 2016

進捗状況のフォーム

ここをタップして、進捗状況に関する質問に答えてください。データは自己申告となりますが、疑問に思うような場合には確認します。虚偽の申告が発覚した場合には厳しく対応します。

AppSheet ID number

受講生の皆さんにアプリを「あげる」方法がわかりました。つまり、みなさんが面倒な設定等を自らしなくとも、私の方でアプリを準備してから、移譲することができることがわかりました。今まで、アプリの設定等について分かりにくいことがありましたし、アプリの最新版を利用してもらうためには改めて設定を行う必要があることを考慮して、私の方から一人一人のためにアプリの最新版を準備してから「移譲」したいと考えています。しかし、そうするためにはみなさんのメールアドレスとAppSheet ID番号が必要になりました。メールアドレスは把握していますが、一人一人のAppSheet ID番号がわかりませんので、各自で確認してもらって、別に準備するフォームに入力してほしいと思います。確認方法は次のようになります。

  1. 「@kumagaku.ac.jp」のメールアドレスでAppSheet.comにログイン
  2. My accountの下に見えるAccountをタップ
  3. 6桁のAppSheet IDをコピー、またはメモる

Wednesday, December 7, 2016

進捗状況(警告)

残念ながら、Google Driveで確認できる限り、皆さんの進捗状況はよくありません。「Google Driveで確認できる限り」と言うのは、アプリ用のスプレッドシートを私と共有していない場合には、進捗状況を確認できません。しかし、授業で「共有してください」と言っていますので、その意味では進捗状況が良い学生は一人もいないと断言できます。「進捗状況が良い」基準として

  1. アプリが使えるようになっていること
  2. そのアプリを実際に使っている形跡があること
の二つを考えています。

「実際に使っている形跡がある」というのは次のような更新歴で確認します。



アプリの利用は週に一回ではなく、毎日が基本です。毎日使用しなくとも、少なくとも週に数回利用してもらわなければ、この授業のために必要最低限の勉強をしているとは言えません。

もちろん、他の意味で頑張ってくれている受講生はいますが、学期の終わりが近いので、いよいよ皆さんに「データの準備」から「アプリの利用」という段階に移ってもらわなければなりません。今学期はアプリ作成と授業を平行に進めてきましたので、多少の混乱が生じました。そのことについては担当者である私に責任があると思いますので、成績評定の段階でその問題を十分に考慮したいと思います。しかし、その点を考慮しても、取り組みに改善が見られなければかなりの数の受講生を不合格にせざるを得なくなると思います。その最大の理由は明らかな努力不足です。授業に来ても、作業をあまり進まずに退席し、しかも授業と授業との間に作業を進めません。作業の進め方などがわからない場合には質問すれば良いのですが、質問もなく、よくない状況を放置してしまっているケースが多い。これから取り組みを変えてもらえればまだ挽回できますが、このままでは単位を取得できない学生が続出する恐れがあります。

Thursday, December 1, 2016

シートとアプリの関係を明確にする方法

この授業で使ってもらっているアプリAppSheetというサイトで作っています。AppSheetの特徴はGoogle Driveの中のスプレッドシートに保存されているデータをベースにして、スマホなどで使えるアプリが動くことです。AppSheetの中で、みなさんが私が作った「Spaced Repetition」をコピーすると、アプリと一緒に、データの入ったスプリッド・シートをコピーしています。一回だけ「Spaced Repetition」をコピーしただけなら、Google Driveのどのスプレッドシートと連携されているかと比較的わかりやすいと思います。名前を変更しなければ、「Spaced Repetition」というアプリのベースとなるスプリッド・シートの名前は「W to D」になります。しかし、AppSheetの中でアプリを繰り返しコピーした場合には、Google Driveの中のどの「W to D」がどのアプリと連携されているかがかなりわかりにくくなります。今回の記事でその解決方法を教えます。

解決をAppSheetの中で行います。まず、繰り返しアプリをコピーした場合には次のように、似たようなアプリが複数ある状況になってしまいます。


アプリとシートの関係をはっきりさせる方法はアプリとその下にあるシートのそれぞれの名前を、他のアプリとシートと区別できるような名前で統一することです。例えば、「12月1日のSR」のように、ファイル名に異なる日付を使えば区別できます。まず、AppSheetのMy Appsに行き、その中のアプリの一つを選び、Editをクリックします。(この作業はスマホよりもパソコンで行うことをお勧めします。スマホで行う必要がある場合には「スマホで、パソコン向けのスクリーンを見る方法」を見てください。)

次に、アプリの名前を変更しましょう。まず、下の画像に見える「Info」をクリックした後に、「Properties」というタッブをクリックしてください。そのすぐ下のShort Nameのところに新しい名前(例えば「12月1日のSR」)を入力してください。


次に、シートの名前も「12月1日のSR」にしましょう。アプリを支えているシートを開くためにも左側の「Data」をクリックし、「Tables」の中の「W to D」の下の「BROWSE」をクリックしてください。


そうしますと、次のようにシートが現れます。バソコンの画面なら、左上に「W to D.gsheet」が見えるはずですが、その「W to D」をダブルクリックし、名前を「12月1日のSR」に変えてください。



以上のような手順に作業を続けますと、どのシートがどのアプリを支えているかをはっきりとわかるようにできますので、その後は不要になったアプリとシートを削除したり、普段から使っているアプリの下にあるシートにデータを加えたりすることが楽になります。

Tuesday, November 29, 2016

データの整理の仕方

アプリを支えるシート(名称変更をしていない場合は「W to D.gsheet」)の「Basic Data」には3つの列があります。3つの列があるので、訳語などを真ん中に入れたくなることが多いと思いますが、原則として、次のように訳語と例文を一緒に入れると良い。


この形で入力しますと、アプリの中では次のように見えます。

真ん中の列は、発音や語源に関する説明など、答えのヒントになるような情報を付け加えたい時にだけ使うといいと思います。ここに何かを入力した時にはアプリの中では次のように「Additional information」として答えと一緒に現れます。